保育士の転職でNGな志望動機

保育士の転職でNGな志望動機

保育士の転職でNGな志望動機

 

保育士になるための第一歩。それが志望動機です。”志望動機”は、会社組織がエントリー者の就業への本当の気持ちを測り、不一致な人物かそうでないのかを見抜くための重大な審査材料。どうも面談がクリアできないとお困りの人は、ひょっとすると「志望理由」に原因がある可能性が高いです。

 

今回、企業の採用担当者にヒアリングしみたら、面談では仕事内容を問わず「不採用となるダメ回答」があるそうなんです。

 

……ということでここでは、特に人事担当者の不評判を買った「ダメな志望理由」のひな形、ワースト5をピックアップ

 

NGな志望動機その1〜志望動機が口先だけになっている〜

先ずは数えきれない程ぐらいあるののが、「意気込みだけで押し切ろうと考えている」「志望する動機が漠然としていて何を伝えたいのかがわからない」など、“意欲だけが前に出て志望動機になっていないことを語ってしまう方。面接では「なぜその会社なのか?」手に取るように述べるのがルール。最初から志望先を調査をして、志望理由を説明できるように整えておくことが不可欠です。

 

NGな志望動機その2〜志望理由が勉強させてほしいから?会社は学校ではない!〜

残念なことに割と多いのが「勉強熱意」を主張し玉砕するケース。「御社で学びたい」という志望理由は、本人的には意識の高い姿勢を主張している感じでも、企業側サイドにには「自ら戦力になろうとしない受身な人間」と認識されるの可能性大。本質的には「会社は勉強をしに行くところではないはず」そのことを理解しておいた方が良いでしょう。

 

NGな志望動機その3〜給料や制度が最優先!?待遇ばかり見ていると足元がおろそかに!〜

確かに条件面は大事なのですが、給料や休日、時間外業務について気に掛かるのは偽らざる本音かもしれないですね。なのですが、露骨に待遇面を表ざたにしすぎるのは回避したいですね。志望要因はあくまで事業内容、仕事内容に照らしたものであることが肝心でしょう。

 

NGな志望動機その4〜根拠のない上から目線で採用担当を困らす人!?〜

過去の実績を掲げてつつ志望理由を語るのは当然OK。けれども、激化しすぎるとただの自慢に変わっていたり、高圧的なイメージを課したりしてしまうことも。「企業に頑張れる」という強みは要されますが、妙に「上から目線」な言動になってしまうことがないようにご配慮を。

 

NGな志望動機その5〜仕事内容よりどこに職場があるかが大事!?〜

職務や会社それ自身ではなく、会社の地理的な場所を志望背景に挙げてしまうのは厳禁。現実的には志願者にとって「勤務先」は企業選びのポイントのうちですが、会社側から見ると「その会社で勤務したい理由」には意味がない。反対に場所ありきで「どの企業でも良かった」なんて感想を与えてしまうのではないか。